あんぱんと冬期講習

お問い合わせ
電話番号

あんぱんと冬期講習

th

こういう餡子がガッツリ入っているアンパンが好きです。

でも、逆にちょっとだけしか餡子が入っていないのもあるわけで。

 

苦~い、とにかく苦い珈琲と一緒に、ね。

 

餡子の量は食べてみるまで分からない。

「美味しい」という噂も他人の主観であって、

自分が好きな味かどうかは、食べてみるまで分からない。

 

勉強も同じです。

 

やってみるまで成果が出るか分からない。

「あの塾で成績が上がったの!」も他人の話であって、

自分(や自分の子供)にも当てはまるのか・・・?

 

だから、気軽に味見ができるのはとても大事なことだと思います。

逆に、味見のできないお土産(新種の)を買えますか??

 

そして、味見をしたらヤミツキになるかもしれない。

そういう意味で、のぞみ学院の冬期講習を設計しました。

 

冬期講習生→12,960円で最大45時間学び放題!

塾生になると2,160円に値下がりします。

 

~ ~ ~ ~ ~

 

誤解が出そうなので、塾側の都合を話します。

 

学習効果=「やり方」×「やる量」×「やる気」

 

っていう方程式はご存知ですか?

 

「やり方」

→最高の指導を用意してます。「成績アップマシン」とでも考えてもらうと良いです。

教材、学習方法、フォロー体制…、などなど

どの面をとっても最高の「やり方」を提供します。

 

実際に、のぞみ学院方式でカチッとやってる生徒は

内申2 or 3→4の成績アップを提供できています。

(うちの塾生でもカチッとやり切れてない子は…(;´・ω・))

 

「やる量」

→従来の学習塾では、ここがネックでしたね。

「たくさん勉強したい(させたい?)」という想いに、

ウン万円をお支払いいただくのが相場でした。

45時間だと10~11万が相場。

 

「勉強してもらえるなら是非、やってもらいたい」

ってのは塾側も同じです。

 

そもそも・・・、

塾の講習なんてもんは、

工夫(工面?)すれば1万円ちょっとで提供できるんです。

企業努力、ってやつです。

(ノブレス・オブリタージュって言う人もいるけど…)

 

だからバイキング形式だと思ってください。

「食えるもんなら食ってみろ」です(笑)

 

「45時間、やれるもんならやってみろ」です。

 

こんだけハードル下げてるんだから、

あとは受け手の気合だけ。

そう思ってこの値段、この時間数を決定しました。

 

「やる気」

→もう書かなくても良いですかね?

塾側としてほしいものは、最低限の金銭と、

(チラシ代だけは回収しないと赤字なのでね^^;)

受講者の「覚悟」だけ。

 

この覚悟さえあれば、自慢の最強サポートを提供して

ガッツリ成績を上げてちょうだいな、って話です。

 

~ ~ ~ ~ ~

 

補足

「なんで塾生の方が1万円分の差があるの?」

って話ですが。。。

 

たいていの塾は「無料講習!」とか言って

あとからガッツリ月謝をふんだくる、

って声をよく聞きます。

 

だから、

「のぞみ学院はその逆」

って思ってもらいたいわけですわ。

 

覚えやすいですよね、

「塾生になると1万円安くなる」って。

そういう意思表示です。

 

↓これはチラシです。

12月9日に折り込まれます。

2016%e5%86%ac%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。