教材

お問い合わせ
電話番号

教材

「本屋で勉強の本を買った」

という時に、参考書を買ったのか、問題集を買ったのか、

というのは大事なことで

 

知識は「知る→分かる→できる→慣れる→飽きる」という5段階があるのですが

「知る・分かる」ために参考書を、

「できる・慣れる」ために問題集を買うべきですよね

 

イマイチ成績が伸び悩む人は

自分にとってどっちが必要なのかを考えてみるといいですよ

 

意外と、

 

すでに「知る・分かる」の段階はクリアできているのに

教科書をずっと読み返ししたり、ノートまとめをしている人や

 

まだ「知る・分かる」の段階の途中なのに

延々と問題を解いていたりする人もかなりたくさんいます

実際に購入しなくても、参考書か問題集か、どっちが自分にとって必要か、

と考えてみましょう

 

それが自分の知識の段階を自然と分からせることになります

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。