他人に教えるように、自身が学ぶこと。

お問い合わせ
電話番号

他人に教えるように、自身が学ぶこと。

「名選手、名コーチにはなれず」

という言葉を聞いたことがあります

 

素晴らしい選手だけど

引退後に優れた指導者にはなれないケースが多い、

逆のケースもまた多い

とのこと

 

勉強でも似たケースはありますよね

学生時代に高い偏差値だったけれど、教えるのは下手な先生。

逆にそんなに高い偏差値ではなかったけど、教えるのは上手い先生。

 

この、「自身が学ぶ」ことと「他人に教える」ことは

全く別の事のように感じます

 

・・・が、話は本題に入ります。

 

「他人に教えるように、自身が学ぶ」ことをすると

学習効率はとてもアップします

 

それがLearn to teachという方法なのですが

とある教育実験があります。

 

Aのグループにはただ講義を聞いてそのあとにテストする

Bのグループには「講義の後に、他の人にその内容を伝える」と伝えておいて

そのあとテストする

 

テストの結果はBの方が良かった(たしか平均で2割以上も良い点数)

Aのグループは自身がテストに向けて取り組むことだけに

集中すればいいのにもかかわらず、です。

 

Bのグループは、説明を聞く際に

「どうすれば他の人にちゃんと伝わるか?」

と考えながら説明を聞くことで

内容のポイントを自分で整理して、より深く理解できる

ということなのでしょう

 

応用すると・・・、

 

これを読んでいるのが保護者や指導者の方であれば

「今日、学校で何を習ったの?」と問いかけて

そこから具体的に質問していきましょう

 

これを読んでいるのが学習者自身であれば

「学友」を作るといいでしょう

(実際に作るのもいいですし、ぬいぐるみに話しかけるのもOKです)

 

本題はここまでなのですが、

ちょっと個人的な話をすると

 

私自身は高校の時に好きだった子が数学が苦手で

その子に分かりやすいノート作りをすることで

Learn to teachをしていたように感じます

 

たしかに数学は得意になりましたが

恋は実りませんでした(^_^;)

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。