のぞみ学院の特徴

お問い合わせ
電話番号

のぞみ学院の特徴

のぞみ学院ではどのような指導をしているの?

のぞみ学院の特徴は、

①一人ひとりに合わせたカリキュラムを

②学年の枠を超えて

③一つひとつの知識を身に付けながら

指導することです。

たとえば…、
→英語が苦手な中3生であれば、中1のbe動詞から復習をすることもあります
→数学が苦手な中1生であれば、小5の算数から復習することもあります

のぞみ学院の指導方法の特徴

特徴①:「戻り学習」

よく「やればできる」という言い方をする人が居ますが、それは間違いです。
英語・数学のような「積み上げ科目」は、
「できないからやらない(やりたくない)」のです。
 
一つのつまずきには、次の単元や次学年の単元で影響するケースがあり、
そのせいで勉強が苦手になったり、できなくなったりしてしまいます。
 
大事なのは「できるところに戻って勉強する」です。
できるから楽しくなる、絡み合った紐がほどけていくように。
そしてだんだんと学校の進度に追い付いた時、
自然と定期テストなどの結果が付いていきます。

特徴②:「チェックテスト」

知識の5段階というものがあります。
「知る→分かる→できる→慣れる→飽きる」
というものですが、
「自分がどの段階に居るのか」を意識した学習が大事です。
 
たとえば、
「分かっているのにできない」という生徒がいますが、
それなのに、教科書の内容をノートまとめしていたり、
資料集を眺めていることがあります。
 
これらは「分かる」ようになるための勉強ですね。
 
この生徒の場合は「できる」ようになるための勉強をすべきなのに。
本来は、多くの問題に触れる、似た問題を繰り返すなどの勉強が必要です。
 
「自分がどの段階に居るのか?」
 
これを見つめ直すためにも、チェックテスト(いわゆる小テスト)を実施することが重要です。
 
のぞみ学院はその実施回数が非常に多いです
(1年に300回以上することもあります)。
 
小テストの結果を受けて、次にどんな勉強をするかを判断していきます。
 

 

特徴③:「勉強ブログ」

「勉強ブログで、生徒のやる気を引き出す」
のぞみ学院では、毎回の授業終わりに、生徒自身に勉強ブログという振り返りシートを書いてもらいます。毎回の振り返り効果はもちろん、過去に書いたものをみることで、自分の変化や成長を客観的にとらえることが出来ます。

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。